ネオニートの実態

「ネオニート」とは不労所得で生活している人です。一口で不労所得といっても様々な種類があります。一貫して言えるのは、従来の会社勤めとは180度異なる働き方であり、とても自由な生き方だという点です。それでは「ネオニート」の人々の実態とは如何なるものでしょうか。

ブログ、アフィリエイト

「ネオニート」の収入源としてスタンだ―ドなのがブログ、アフィリエイトです。ブログ、アフィリエイトはブログやサイトから広告収入を得る手法ですが集客が大きな課題だといえるでしょう。 副業としてスタートする人は多くとも、途中で投げ出す人も多い傾向にあります。「ネオニート」は多彩でマニアックな一面があるため、集客できるブログやサイト作りに長けているのが特徴です。 大きな金額を望まなければ安定的な不労所得をブログ、アフィリエイトで稼ぐのは容易いといえるでしょう。

アマゾン転売、せどり

アマゾン転売、せどりはプレミア商品をアマゾンなどの通販サイトで販売し不労所得を稼ぐ手法です。一時期サラリーマンの副業として注目されました。 高値がつくプレミア商品選びが難しいことがネックとなり「稼げない」といったレッテルを貼られています。 「ネオニート」には商品を目利きする暇が潤沢にあることから、高値がつくプレミア商品を見つけ出すことが容易です。アマゾン転売、せどりだけでサラリーマン並みの不労所得を稼ぐ人も多くいます。

フリーランスのプログラマー、デザイナー

フリーランスのプログラマーやデザイナーも「ネオニート」といえるでしょう。彼らの多くは大手企業に勤めていた経験があります。 企業内の人間関係や理不尽なルールに耐えきれなくなりフリーで仕事を続けている人も少なくありません。最近では自らのスキルに価格をつけて販売することが容易になりました。 その理由が仲介サイトの存在です。仲介サイトにはスキルを売りたい人や買いたい人が多く集まっており、フリーのプログラマーやデザイナーが働ける環境が揃っているといえるでしょう。