減少傾向が見えない新型コロナ

新型コロナ感染の減少は先が見えず米国の4月29日現在の感染者は2万7千人、イタリアは2千100人で、全世界の累計感染者数は5月1日現在325万人、死亡者数は21万人となっています。 日本では累計感染者数は1万4千人、死亡者数は455人で1日の感染者数は4月11日の743人をピークに29日に236人まで減少しています。政府は外出自粛の成果であるとしてゴールデンウイーク中の自粛を呼びかけています。

登山家・野口健氏が登山をしないよう呼びかけ

世界的に著名な登山家である野口健氏は自身のツイッターを通じて、登山の自粛を呼びかけています。登山に感染リスクはないといった意見がある一方で、山までの移動で感染が広がるリスクもあると野口健氏の自粛呼びかけに賛同する意見も多く聞かれます。 同氏は数々の登山経験から感染拡大のリスクは十分にあると警鐘を鳴らしており、山小屋の経営者らも登山者に危険を呼びかけています。

3密がない登山も登ってはならない理由とは

登山に3密はないといった意見が登山経験のない人から多く上がっており、これに対して野口健氏は山が混み合えば他の登山者が感染する恐れがあり自身も感染するかもしれないとし、もしも遭難した場合はレスキュー隊に感染させるリスクがあるとその危険性を改めて訴えました。