日本が行った入国制限に反発していた韓国

新型コロナウイルスの蔓延が深刻な日本政府は、韓国に対して入国制限を通告しました。これに対して猛反発しているのが韓国政府です。 もともと韓国の反日感情には根深いものがあり、日本に対して弱腰しの対応をすると文在寅大統領の立場が危うくなるといった事情も垣間見えます。

韓国は対抗してビザ免除を停止

韓国はビザ免除の停止に踏み切りました。この政策は入国制限に対抗した「報復」であることは間違いありません。韓国の立場では先に仕掛けたとの感情が根強く正義は自国にあると考えています。 日本政府としては国内での感染者が急増しており入国制限は苦肉の措置でした。相変わらずの韓国の反日感情に国内外から批判の声が出ています。

感染者数が拡大している韓国

韓国のビザ停止は日本に対する報復であることは明らかですが、日本の入国制限は妥当だったのでしょうか。韓国におけるウイルスの拡散は非常に深刻です。 宗教団体の葬儀に端を発した感染拡大は止まることなく、1,000人以上の感染者が確認されています。しかし、文在寅大統領は満足な初期対応を行いませんでした。そのため中国に次ぐ感染者を発生させ、世界中から注視されているのが現状です。