享受の読み方や意味

(画像:Unsplash

「享受」は「きょうじゅ」と読みます。 「享受」の「享」は、「まつる」と言う意味があり、「神にたてまつる」という漢字が字源となっています。 そこから、「相手にたてまつる」という意味になりました。 「受」はうけるという意味があります。 字源は「受ける手」と「器」が組み合わさっています。 そして「器を受け取る」となって、受けることを意味するようになりました。 「享」と「受」が組み合わされると「たてまつられるものを受け取る」という意味となります。 そこから、「享受」は、何か受け入れて、自分のものにする、または、自分のものとして楽しむという意味となりました。 受け入れる何かとは、物でも精神的な事でも使われます。 幅広い場面で使える言葉なので、正しい使い方を覚えておきましょう!

享受の正しい使い方を知ろう!

(画像:Unsplash

「享受」を初めて聞いた人も居るのではないでしょうか。 この機会に是非正しい使い方を学んでみて下さい。 1度使用方法を覚えれば、簡単に使用する事ができますよ! それでは、「享受」の正しい使い方をご紹介します! 「享受」は物に対しても精神的なものに対しても使える言葉です。 自分にとってプラスなことを受け取るという時に使うので、「利益を享受する」などと使います。 日常的にはあまり使われるシーンは少なく、畏まった場面で使われることが多いです。 基本的には「享受する」と使われます。

享受を使った例文を5つ紹介!

(画像:Unsplash

「享受」をは短い言葉で使うより、文章の1部で使われます。 ここで「享受」を使った例文を5つご紹介していきます! ・テクノロジーの恩恵を「享受」しながら生きています。 ・日本は、いつでも安全な水を飲めるという恩恵を「享受」しています。 ・僕は自営業を営んでいましたが、会社員と自営業者を比べると、社会保障面でたくさんのメリットを「享受」しているとわかり転職ました。 ・部長は「年俸制を導入すると、社員がメリットを享受する」と言っていました。 ・交通の便や買い物等の便利さを享受し、危険なゾーンは回避するという良いとこ取りなところです。

享受の対義語は「提供」

(画像:Unsplash

「享受」には対義語があります。 どんな言葉があるのか、「享受」の対義語をご紹介していきます! 「享受」の対義語は「提供」です。 「享受」のように「受ける」ではなく、「提供」は「与える」という意味なので反対の意味となりますね。 良い意味に対しての反対語は、悪い意味の場合が多いですが、「享受」も「提供」も良い意味です。 実際に提供を使うと、「食べ物を提供する」などと使われます。