アンチも多かった

テレビを中心とした川越シェフ(川越達也)の活動期間は2009年から2013年です。人気者の宿命ではありますがブレイクすればするほどアンチが多かったのも事実だといえます。 特に自身のお店で提供している料理については酷評されることも多くありました。また非常に女性ファンが多かったことから、男性視聴者のやっかみを受けていたことも事実です。 川越シェフ(川越達也)は芸能人ではありませんからアンチの対処方法に慣れていなかったと推察されます。その苛立ちが水800円事件につながったともいえるでしょう。

川越シェフ(川越達也)のテレビ出演は激減

SNSの炎上に不慮の事故が重なったことで川越シェフ(川越達也)のテレビ出演は激減しました。テレビ局はスポンサー収入によって運営されています。 そのため出演者が少しでもイメージダウンしてしまうと仕事は激減するのは必然です。最近ではSNSで悪評はすぐに広がりますからスポンサー企業はとても神経質になります。 また、あまりに急激にブレイクしたことで視聴者に飽きられる時期にきていたことも確かです。したがって、川越シェフ(川越達也)がテレビから消えるのも必然だったといえるでしょう。

表舞台から姿を消した川越シェフ(川越達也)の今

時代の寵児としてブレイクした川越シェフ(川越達也)が表舞台から姿を消して久しくなります。ごく稀にテレビで見かけますがかつての勢いはありません。しかし悲壮感はなくむしろ活き活きしています。そんな彼の現在はどういった状況でしょうか。

長野県へ家族と移住

現在川越シェフ(川越達也)は長野県に移住して家族と暮らしています。テレビ出演が激減した2016年に一般女性との結婚が発表されました。 自身3度目の結婚でしたが2人の子宝にも恵まれ自然豊かな長野県でのんびりと暮らしています。この模様はテレビ番組でも放映され反響を呼びました。 長野県で暮らす川越シェフ(川越達也)は子供たちに囲まれとても幸せな表情を見せています。相次ぐトラブルは見方を変えれば良い転機になったといえるでしょう。