1分でわかる斎藤涼介容疑者による新潟女性刺殺事件

ニュースの要点

  • 2019年11月15日にJR新潟駅にほど近い雑居ビルで女性が刺殺される
  • 同月16日に新潟県警は殺人容疑で斎藤涼介容疑者を全国に指名手配
  • 同月18日13時30分過ぎに新潟市内のコンビニエンスストアで斎藤涼介容疑者を逮捕

斎藤涼介容疑者による新潟女性刺殺事件の概要

2019年11月15日の夜に発生した「新潟女性刺殺事件」は、埼玉県上尾市出身の斎藤涼介容疑者によるものです。まだ20歳と若い女性を、何度も刃物で刺して殺害したのです。 ここでは「新潟女性刺殺事件」の概要について、詳述します。

斎藤涼介は飲食店勤務の石沢結月さんを殺害

「新潟女性刺殺事件」の被害者は、石沢結月さんです。まだ20歳でJR新潟駅にほど近い雑居ビルに入っていた、飲食店で働いていました。 石沢結月さんは勤務先である飲食店が入ったビルの1Fと2Fをつなぐ階段の踊り場で、刃物によって何度も刺されていたのです。 2019年11月15日の21時過ぎに目撃者から通報があり、石沢結月さんは病院に運ばれます。しかし搬送先で、死亡しました。

そのまま逃亡し、全国指名手配となるも逮捕される

目撃された男性は、その場から逃亡します。その後新潟県警が捜査を行ったところ、事件現場に犯人のものと思われる携帯電話とノートが見つかりました。 押収した携帯電話とノートを調べた新潟県警は、事件の翌日である2019年11月16日に斎藤涼介容疑者を殺人容疑で全国指名手配とします。 同月18日13時過ぎにコンビニエンスストアから、「指名手配犯に似た男がいる」とう通報がありました。新潟県警が急行し、斎藤涼介容疑者を逮捕したのです。