メーガン妃のメディアによるバッシング

メーガン妃に対するバッシングの実態とは

  • 海外メディアから人種差別的批判や過去の批判
  • メーガン妃を支援・擁護する人々の存在
  • イギリス王室としての対応について

ヘンリー王子とメーガン妃がイギリス王室の公務から退くという発表がありました。2人が公務から退くという発表があってから、メーガン妃に対するメディアからのバッシングの影響があったのではないかと臆測が飛び交っています。 メーガン妃は今までも様々な海外メディアよりバッシングを受けていました。

海外メディアによるメーガン妃の批判

メーガン妃はメディアからの批判に最初は耐えていましたが、最近は弱っているようです。海外メディアはメーガン妃の家庭環境やアメリカでの仕事、さらには家族に対する中傷的なコメントを報じてきました。

人種差別的な批判

一つ目に、メーガン妃は人種差別的な批判をされていました。なぜかというと、メーガン妃の父親は白人ですが、母親はアフリカ系米国人です。英国の伝統主義者としては、白人中心の文化と王室の伝統を守るためには白人以外は認めないという思いが根強く残っているのでしょう。 メーガン妃がヘンリー王子との関係が晒されると、メディアは白人ではない母親の血が入るメーガン妃に対する人種的差別的な批判をしました。

メーガン妃の生い立ちや経歴への批判

メーガン妃は幼い頃に、両親は離婚しており、幼い頃の環境に批判的な声が挙がってます。 また、結婚する以前、アメリカで女優として活躍していました。有名な作品にも出演したので一度は見たことがあるかもしれません。 その際、仕事関係で知り合ったトレヴァー氏と結婚をしましたが結婚後すぐに別居状態になり、2年足らずで離婚する結果となっています。 子供はいませんが、バツイチという離婚歴があることも批判された理由の一つです。