安倍首相が全国の小中高に休校を要請

1分でわかるニュースの要点

  • 日本政府が全国小中高学校の臨時休校を要請した
  • 臨時休校は3月2日から春休みまでの予定
  • 子供の安全を尊重する一方、一律の実施に困惑の声も

3/2から春休みまで全国の小中学校を休校に

臨時休校の対象は全国の小中高学校です。実施の要請は各地の新型コロナウイルスの感染例報告に関係なく、全国一斉に行われる予定です。首相の判断を賞賛する声、当事者の小中高生、学校現場の反応はどうなっているのでしょうか。

首相の判断に賞賛の声が多数

2月27日の時点で日本の新型コロナウイルス感染者の数は167名となっています。感染者は各都道府県で確認されている状態です。 新型コロナウイルスは主に咳やくしゃみなどに混じって飛び散る飛沫感染、それらに接触して口や傷口から入る接触感染の2種類で広がります。学校などの集団かつ閉鎖空間で感染が広がりやすいことから、今回の臨時休校の要請に繋がりました。 臨時休校によって子供の感染リスクが下がり、同時に子供から家族に感染する事態も避けられます。このことから子供の心配をしていた父母を中心として安倍晋三首相の判断に賞賛の声が集まっています。

最高学年の生徒は2/28が最後の学校

新型コロナウイルス感染症対策本部の見解では今後1~2週間が感染拡大の山場です。小中高学校の春休みは通常3月20日前後から始まりますが、2週間の臨時休校で事実上春休みを前倒しすることで、子供の感染リスクを低下させられると見られています。 臨時休校が実施されることから、2020年4月に卒業予定の最高学年の生徒にとって2月28日が最後の学校登校日となります。 本来なら1ヶ月弱残っていた学校生活が日本政府の方針で打ち切られることになるため、当事者の子供達の間では悲しみと混乱の空気が流れているようです。