「ご連絡ください」は敬語として適切な表現ではない

(画像:Unsplash

ビジネスメールでは、目上の方と連絡する機会が多いですが、返信を求めるときの敬語として「ご連絡ください」とは書いてないでしょうか? 丁寧にお願いしているようにも読めなくないですが、 よくよく見てみると、「連絡してください」という表現になります。 そのため、実はこの「ご連絡ください」という敬語は間違ってはいないまでも、 知らないうちに下の立場から要求するような言葉遣いになっています。 人によっては気にしないかもしれませんが、「ご連絡ください」という言葉には、相手に行動を要求しているため、 受け取った相手は居心地の悪さを感じるかもしれません。

「ご連絡ください」は高圧的で傲慢

(画像:Unsplash

「ご連絡ください」という言い方は、実際に使っている方も多く、メールや会話のなかでもよく使われています。 一般的な敬語やマナーとしても、間違いではありませんが、「ください」という言葉には、 「○○してください」と同じで行動を要求する命令形ですから、相手には、強要されていると感じさせてしまうかもしれません。 そのため、「ご確認ください、ご連絡ください」と何度も繰り返していると高圧的な人だと思われてしまう恐れがあります。

連絡を催促する時のオススメの表現3つ

(画像:Unsplash

「ご連絡ください」は「○○してください」という命令形を使っているために、目上の方に使用するという点では適切ではないでしょう。 間違った敬語表現でもありませんが、相手との関係をこじらせてしまう可能性すらあります。 そのため、連絡してほしい時には、「ご連絡お待ちしております」と、こちらが待つ表現を使う。 「ご連絡お願いいたします」と、こちらがお願いするようにすると、柔らかい印象を与えることができます。

ご連絡お待ちしております

(画像:Unsplash

目上の人に、返信をお願いするときには、「ご連絡お待ちしております」と使うのが正しい表現です。 とても使いやすい表現ですし、上司や取引先の方でも、どんな相手に使っても問題ありません。 たまに、「お待ちしております」というのは上から目線だと感じる方がいるようですが、正しい表現ですので、問題ありません。 まず「連絡」は相手に行っていただく動作なので、「ご連絡」というのが適切です。 対して「待っている」のは自分ですので、謙って表現する謙譲語に変換します。 「待っている」も「待つ」と「いる」の2つの言葉でできていますから、 「待つ」は「お待ちする」、「いる」は「おる」繋げて「お待ちしております」となります。