いきなりステーキ運営のペッパーフードサービスは2019年12月期第3四半期決算を下方修正

いきなりステーキが業績不振

  • ペッパーフードサービスが業績予想を下方修正・いきなりステーキ不振響く
  • 店舗拡大路線が裏目に・44店舗を閉店へ
  • 配当は無配・ほとんどのセグメントの売上が不調

いきなりステーキの業績悪化の原因

(画像:Unsplash

いきなりステーキの業績悪化の原因は44店舗の退店による収益性の低下が見込まれることと、業績不振の3店舗の特別損失16.85億円を計上するためです。 また、退店に伴う違約金の発生なども響きました。急激な店舗拡大で自社ブランド同士が競合したことが大きな原因で、今後は「退店する店舗の近隣店舗の立て直しを行う」と述べています。

210店舗出店を目標とした大規模な店舗拡大

いきなりステーキを運営するペッパーフードサービスは、当初210店舗の出店を計画していましたが115店舗へ見直します。 ステーキを手軽に素早く食べることが話題となったことで急速な店舗拡大を行いましたが、それらが裏目に出た結果となりました。 現在の489店舗のうち44店舗を閉店する予定で、収益が低下すると見込まれる3店舗も2019年12月期3四半期期間に減損減益16.85億円の特別損失を計上しました。

店舗同士の競合

いきなりステーキは自社のブランドが既存店と顧客を奪い合う状態が続き、オペレーションの改善などの対策を取ってきましたが、影響は払拭できなかったようです。 2年程前のブーム時には長い行列ができ、数十分も待たされる盛況ぶりでしたが、同じ商圏に店舗を増やしたことでその様子が一変しました。 一方でペッパーフードサービスは業績悪化の要因として店舗間の競合を主張していますが、糖質制限による肉ブームが去ったことや、大手のファミレスなどがステーキを積極的に提供するようになったことも業績悪化の要因のうちに含まれると考えられています。