1分でわかるフーターズの倒産

フーターズ倒産の経緯

  • 2006年にアメリカからライセンスを取得し、日本1号店を赤坂見附に開店
  • 東京、大阪、福岡に姉妹店を続々出店するも売上は不振
  • 2019年に福岡店を閉鎖し、同年に民事再生法適用を申請

フーターズとは

(画像:Unsplash

フーターズはアメリカ発祥のカジュアルレストランで、現在日本では東京に4店舗、名古屋に1店舗で営業しています。もともとは株式会社エッチジェーがライセンスを取得し開業しましたが、現在ではファンダイニング株式会社が事業譲渡を受けて運営しています。 何といっても話題になったのが働く女性店員の開放的な服装で、「フーターズガール」と呼ばれる彼女たちのミスコンテストが開催されるほど人気を集めていました。そんな話題性のあるフーターズの特徴について解説します。

アメリカンレストラン

レストランの形態としては、アメリカ風のカジュアルバーレストランです。ハンバーガーやフライドチキン、フライドポテトなどのアメリカ定番のファストフードメニューが中心で、若年層を中心に男女問わず人気を集めていました。 本場アメリカでは現在435店舗を展開しており、海外では日本以外にもオーストラリア・カナダ・中国・ドイツ・イギリスなど全27か国で店舗を出店しています。また2006年には「フーターズカジノ」というカジノ事業、2003年から2006年までは「フーターズエア」という航空事業まで運営するほど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

タンクトップに短パンの店員が接客を担当

フーターズの最大の特徴は、若い女性店員がタンクトップと短いホットパンツ姿で接客をするというスタイルです。各テーブルに担当者が付き、その女性がオーダーや料理の配膳を行ってくれます。フーターズガールのダンスタイムが観られ、またお願いをすれば記念写真も撮影できるというサービスもあります。 フーターズのように、女性がセクシーなコスチュームで接客を担当してくれるスタイルのレストランを、ブレスト(胸)+レストランで「ブレストラン」と呼びます。男性にとっては嬉しいサービスのようにも感じられますが、日本人男性とってはこのようなスタイルを受け入れるのは少し難しかったように考えられます。