「suffer」とは

(画像:Unsplash

「suffer」は英会話をする際に是非押さえておきたい言葉です。ビジネスも含めてさまざまなシーンでよく用いられます。 ここでは、まず「suffer」の発音の仕方から説明します。「suffer」の具体的な意味や語源についても解説をするので、ぜひご一読ください。

「suffer」の発音は「サファー」

「suffer」の発音は「サファー」です。 発音のポイントはまずアクセントの位置です。第一音声の「su」にアクセントを置きましょう。よくある間違いは、第二音声「fe」の部分を強く読んでしまうことです。また、「su」を「サ」ではなく、「ス」と読んでしまうミスもよく見られます。 正しい使い方は正しい発音が前提なので、ネイティブの音声を聞いて発音を真似るようにしましょう。

「suffer」の意味は「〜を患う」「苦しむ」

「humid」の意味は動詞で「~を患う」「苦しむ」という意味であり、良い意味としては使われません。「苦しみ」と言う名詞として使う場合は「suffering」と表現します。 主に病気や怪我といった苦痛を受けて耐え忍んでいる時に用いられます。 ビジネスの場面では、得意先の倒産や不祥事の発覚など経済的に損害を受けた場合に「suffer」を用いることがあります。

「suffer」の語源

「suffer」の語源は「suf(下から)」という言葉と「ferre(運ぶ)」という言葉が合体したラテン語であり、その意味は「下から背負って運ぶ」となります。 「下から背負って運ぶ」ということは重いものを持って移動することを意味しており、大変な重労働であり、苦痛です。 つまり、「重いものを運ぶ」=「苦しいこと」という解釈で、現在の「苦しむ」という意味で用いられるようになったのです。