「guarantee」の意味とアクセント

(画像:Unsplash

ビジネスの契約では「保証」が付与されることが沢山ありますが、「guarantee」は沢山存在する類語の中でも保証の確度が比較的高く信頼度が高いため、保証内容が履行されない場合の取り決めも厳格に行うニュアンスの単語です。 この「guarantee」の正しい意味や間違いやすいアクセントの位置も含めて、正しい使い方を確認します。

「guarantee」の意味は「保証する」

「guarantee」は動詞と名詞両方で使われ、動詞では「担保する、保証する」、名詞では「保証書、担保、保証人、引受人」などの意味になります。 類義語が沢山ある「保証」に当たる英単語の中では保証の確度が高く、「金銭や債権債務に関する保証」といったニュアンスで使います。 日本語で「(番組の)出演料」を意味する「ギャラ」は「guarantee」の略語ですが、英語で「出演料」という場合は「fee」を使います。

「guarantee」のアクセントは第3音節

「guarantee」は、guar-an-teeと3つの音節に分けられ、動詞の場合も名詞の場合もアクセントは3つ目の「tee」に付きます。 英単語のアクセントは名詞は前の方、動詞は後ろの方に付くことが多いですが、「guarantee」はどちらの場合も第3音節にアクセントが付きます。 ただし、例外的に命令口調になる時は第1音節の「guar」にアクセントが付くこともあります。

「guarantee」のビジネスシーンの使い方

(画像:Unsplash

「guarantee」には確度の高い保証や金銭保証的なニュアンスのある単語ですが、金銭的な保証の際に使うことは特に意識して覚えておく必要があります。 ここで紹介する2つの例も「費用負担」と「債務保証」という金銭が関わる内容になっています。