木下優樹菜のタピオカ店恫喝騒動

お笑い芸人のフジモンと結婚し、仲睦まじい家族関係を築き上げていたタレントの木下優樹菜が騒動を起こしました。姉が働くタピオカ店の店主に恫喝行為をしたのです。 SNSを中心に彼女への非難の声が多数上がっていますが、その原因はどこにあったのでしょうか。この騒動が起きるまでの経緯を詳しく解説していきます。

木下優樹菜の姉がアルバイトとして働くタピオカ店とトラブル

2019年の夏ごろに木下優樹菜の姉がタピオカ店で働き始めます。働くといっても正規雇用ではなく、アルバイトとしての立場でした。しかし、姉の方はタピオカ店自体が共同経営であると勘違いしていたようです。 そして芸能人の親族が働いていることもあり、タピオカ店にはファンが殺到することになりました。その後店主と姉との間で、運営や給料に関しての食い違いが起き店を退社してしまいます。 すべては姉の勘違いから起きた騒動だったのです。

木下優樹菜がタピオカ店の店長に対し恫喝

姉の勘違いが解決されないまま、話は木下優樹菜へと波及することになります。姉が受けた不当な対応に怒りを覚えた木下優樹菜はSNSを通じて、店主に対して恫喝を行いました。 内容は「事務所を通して訴える」などの暴言が乱立するなどと非常に幼稚なものです。いい年をした大人が、しかも芸能人が書いたとは思えないような文章でした。 それと同時にインスタグラムにおいて「もうタピオカ店には行かなくていい」などと投稿しています。