見識とは

(画像:Unsplash

「見識」は使用頻度の高い熟語の一つです。「見識を広げる」「見識を深める」など、日常的に使われています。しかし「見識」の意味を正確に説明するよう求められたら戸惑う人もいるはずです。 ここでは「見識」の読み方や意味など、基本的な事柄を説明します。

見識の読み方は「けんしき」

「見識」は「見」と「識」の2語で構成されています。「見」は音読だと「けん」「げん」、訓読みだと「み(る)」「あらわ(れる)」「まみ(える)」といいます。「識」は音読みだと「しき」「し」「しょく」、訓読みだと「し(る)」「しる(す)」といいます。 「見聞」は両方を音読みするので、「けんしき」となります。

見識の意味は「物事の本質を見通す判断力」

「見識」は「物事の本質をとらえる力」「本質を見極める優れた判断力」「物事に対するしっかりとした考え・意見・識見」を指します。また「気位」「見栄」という意味で使われることもあります。 「見識」には判断する物事についてきちんと情報収集しているという前提があり、根拠に基づいて確かな意見を持つことを意味します。

見識の使い方と例文

(画像:Unsplash

「見識」はあらゆるシーンで使われる熟語です。そのため例文にある通り、さまざまなシチュエーションで使用されます。 ここでは「見識」が使われる例文をいくつか紹介します。「見識」は肯定的だけでなく、否定的な意味で使われることもあるので表現方法を覚えておくと便利です。