1分でわかる暗黒の木曜日(ウォール街大暴落)

暗黒の木曜日とは

  • 1929年10月24日、ニューヨーク証券取引所で株が大暴落
  • 影響を受けて銀行・企業・工場とドミノ式に倒産
  • アメリカ経済の影響力は大きく世界恐慌の原因となった

1920年代のアメリカは好景気に沸き、国民はそれが永遠に続くものであると信じていました。そんな中の1929年10月24日の木曜日にウォール街のニューヨーク証券取引所で株が暴落します。 この出来事を機に一気にアメリカの景気は低迷し世界中が大恐慌へと陥ることになったのです。第二次世界大戦への引き金にもなったとされる「暗黒の木曜日」についてまとめました。

暗黒の木曜日(ウォール街大暴落)の時代背景と原因

1929年株価の大暴落が起こる前のアメリカ経済は右肩上がりの好景気でした。なぜアメリカにそのような急激な経済成長がもたらされたのかを時代を追って見ていきましょう。 また、アメリカがどうしてその好景気を維持することが出来ずに「暗黒の木曜日」を迎えることとなったのかも併せて解説していきます。

当時はバブル景気で株価の上昇が目覚しかった

当時のアメリカの景気は第一次世界大戦がもたらしたものです。大戦の主戦場であったヨーロッパは疲弊し生産力も失っていたため、それを補う形でアメリカ経済は発展していきます。 ヨーロッパ復興が進むと過剰生産・売れ残りが起こり、経済の実態とかけ離れた好景気(バブル景気)となります。このような状況はアメリカ経済が危機を迎えているとの見方もあったのです。 しかし、ウォール街や一部の学者がこの見方を一蹴したことでアメリカの好景気は続くと信じられ株価は上昇し続けました。

当時の株式の高騰を不安視する人々もいた

世界中の投資家は戦争で疲弊した国の株を買うよりも、好景気の国の株を買おうとアメリカ企業の株を買う動きが活発化していました。一般市民にも株を所有する人が増え、アメリカは空前の投資ブームを迎えます。 しかし、このブームは投資とは異なる投機の傾向が強いものでした。投機とは価格の低いときに購入し価格が上昇したところで売却して、その価格差から利益を得ようとする行為でした。 売れるとは限らない物を売れると信じて株価が上がっていくことに不安を覚えた人もいたのです。