マックスヘッドルーム事件の概要

事件が発生したのは1987年11月22日です。その日、シカゴトリビューン(アメリカの主要新聞)系列のテレビ番組が、1日のうちに2度も電波ジャックされるという前代未聞の事件が発生しました。事件への反響は凄まじく、全米で話題となったほどです。

シカゴのWGN-TVのニュース番組で起きた電波ジャック事件

事件の被害にあったのは、シカゴトリビューン系列チャンネルの1つ、WGN-TVのニュース番組「The Nine O'Clock News」でした。午後9時14分、スポーツニュースを生放送していたこの番組で、1度目の電波ジャックが行われました。 約15秒の間、放送画面暗転が暗転し、その後に謎の男が映り込みます。謎の男はなぜか当時人気だったSF番組のキャラクターの格好をしていたことから、そのキャラクターにちなんでマックスヘッドルーム事件と呼ばれるようになりました。 WGN-TVの技術者が放送の周波数を変えて対応したことで、1度目の電波ジャックは15秒ほどで終了しました。

マックス・ヘッドルームの格好の男の謎の言動

マックス・ヘッドルームの格好をした謎の男は、映像で前後左右に体を揺すり、意味不明な発言を繰り返します。 電波ジャック1度目の映像は奇妙な動きとノイズだけでしたが、2度目では加工された音声も流れました。加工音声は非常に聞き取りづらい音質で、当時のCMやキャッチフレーズのパロディ、有名人を揶揄する内容でした。 最後にメイド服の女性に尻叩きされる男の場面が映り、電波ジャックは終わります。