実質的な更迭だった退任

日産社長の西川廣人氏の辞任がニュースになっていますが、実質的な更迭ではないかという見方が強まっています。 カルロスゴーン氏の不正が問題となる中で就任した西川廣人さんにも黒い噂が流れていたようです。

カルロスゴーンの逮捕でトップに立った西川廣人

カルロスゴーン前会長が日産に席を置いている時から西川廣人氏は社長の座に座っていました。西川廣人氏は10年近く社長兼会長についていたカルロスゴーン氏が自身の役割の一部を譲った相手でもありました。 日本でも一大ニュースとなったカルロスゴーン氏逮捕に伴い、西川廣人氏は日産自動車の最高責任者となりました。 在任中は途上国への進出に力を入れ、過去に投資した額に見合う刈り取りを行うことを主な目的として奮闘していました。

自らへの報酬のかさ上げを指摘された

カルロスゴーン氏に代わり日産の舵取りを進めていた西川廣人氏は役員報酬の不正が疑われることとなります。正当な額よりも4,000万円以上多い報酬を得ていました。 西川廣人さんは日産のトップに就任する際、カルロスゴーン氏が行った不正が放置されていた社内の体制を反省する旨の言葉を述べていました。しかし彼自身もまた金額は違えど不正を行っていたのです。 西川廣人さんの行動に役員の怒りが頂点に達し今回の辞任へとつながったとみられています。