プロ野球巨人に2名の新型コロナ感染者

ニュースの要点

  • 巨人坂本・大城2選手が新型コロナ感染確認
  • 翌日の検査では陰性
  • 開幕延期の可能性は低く

巨人坂本・大城2選手が新型コロナ感染発覚

2020年6月3日、読売ジャイアンツは坂本勇人選手と大城卓三選手の二人が新型コロナウイルスに感染していたことを発表しました。 読売ジャイアンツの発表によると、新型コロナウイルスの抗体検査を希望した選手やスタッフらに対して、5月29日~30日の間に抗体検査をしたところ、坂本選手と大城選手を含む4人に新型コロナウイルスからの回復を示す抗体を持っていることが発覚しました。 その後、4人にPCR検査を行ったところ、坂本選手と大城選手の二人が正常値ギリギリの微陽性との検査結果が出ています。

前日の試合にスタメン出場していた両選手

読売ジャイアンツが坂本選手と大城選手の感染を発表する前日の2日から練習試合がプロ野球では再開されており、読売ジャイアンツは2日に西武ライオンズとの練習試合を行っていました。 坂本選手と大城選手は発熱や味覚・嗅覚異常といった自覚症状がなく、この練習試合にも坂本選手と大城選手は先発出場していました。 そのため、読売ジャイアンツの選手だけでなく西武ライオンズの選手にも二人の感染発覚による影響が及ぶ可能性があります。

6月19日の開幕を目指していたプロ野球

プロ野球では約3カ月遅れの6月19日での開幕を目指しており、6月2日にはその準備段階として練習試合を再開していました。新型コロナウイルスの感染が坂本選手と大城選手両選手以外にも拡大していれば、開幕が再び延期になることが懸念されています。