資料を意味する英語は2種類

ひとくちに「資料」といっても、文書としての「資料」、題材としての「資料」など違いがあり、英語で「資料」を表現する単語はたくさんあります。 まず、それぞれの意味とニュアンスの違いを解説します。「資料」の使い分けを学び、会議などのビジネスシーンで戸惑わないようにすることが大切です。

文書の「資料」の英語は「document・handoutなど」

一般的な文書の「資料」を指す英語は、「document」「handout」です。「document」は写真に対しても使うことができ、汎用性のある表現です。「handout」は特に配布資料に対して使います。実験データを表すときは「data」を用います。 他に「資料」の類語として、「報告書」なら「report」、「議事録」なら「minutes」、「パンフレット」なら「brochure」で表現します。 「print」は単体で用いても「資料」という意味にはならないため、注意が必要です。「printed matter」で「印刷物」という意味になります。

情報や題材を意味する「資料」の英語は「information・materialなど」

情報や題材を意味する「資料」を指す英語は、「information」「material」です。「information」は調査などによって収集した情報の一部を抜粋したりまとめたりした「資料」を指します。「material」は何かを作成するベースになる材料としての「資料」のことをいいます。 「reading material」と熟語で使えば、「読み物」という意味になります。 また、図書館にあるオリジナルな情報を有する一次資料を「primary source」と表現します。「source」には「出典・情報源」といった意味があります。

様々な「資料」の英語表現

日本語の「資料」がつく単語は数えきれないほどあります。それぞれに対応する英語の表現を学ぶことで、日本語の文章を英語に翻訳したり、ネイティブとスムーズに仕事を進めていくことができます。 他の単語と組み合わせて使う「資料」の英語表現を解説します。