1分でわかる富士見産婦人科病院事件

富士見産婦人科病院事件とは

  • 1980年に埼玉県内の産婦人科病院による乱診乱療が発覚
  • 医師免許のない理事長が診察を行い健康な子宮や卵巣を切除
  • 摘発後に被害者同盟が結成され、刑事・民事共に争われた

富士見産婦人科病院事件の概要

この事件は同院で子宮がんを宣告された妊婦が診断結果に疑問を持ち、セカンドオピニオンを求めて別の病院の診察を受けて判明しました。その妊婦の子宮にはがんなどなく、誤診と呼べるようなレベルの診断ではありませんでした。そのため、事件が発覚します。 その妊婦は事なきを得たものの、既に多数の女性が健康な子宮や卵巣を摘出されていたことが明らかになります。ここでは恐ろしい事件の概要について、詳述します。

1980年に起きた乱診乱療事件

1980年9月、産婦人科病院の経営者が起こした乱診乱療によって多数の健康な母体が傷つけられていたことが発覚しました。 事件の舞台となった富士見産婦人科病院は、一流ホテルのような内装に美容室やアスレチック室、ラウンジのある施設が人気でした。そのため埼玉県外からも、多くの患者を集めていたといいます。 しかし所沢市内では事件発覚前から、「富士見産婦人科病院はでたらめな治療をしている」と噂されていたようで、富士見産婦人科病院を避ける人も少なくはなかったようです。

健康な子宮や卵巣の摘出手術が行われた

富士見産婦人科病院には当時まだ珍しかった、超音波検査装置が設置されていました。その装置を使って超音波検査を行っていたのが理事長でした。 検査を受けた女性に対し理事長は、恐怖を煽るような言葉で子宮や卵巣の摘出手術をすすめていました。「子宮が腐っている」「卵巣がぐちゃぐちゃになっている」などのでたらめかつ強烈な表現によって手術を受けさせたのです。 しかし「富士見産婦人科病院事件」発覚後の捜査により、その大半が健康な子宮並びに卵巣だったことが判明します。