1分でわかる富士見産婦人科病院事件

富士見産婦人科病院事件とは

  • 1980年に埼玉県内の産婦人科病院による乱診乱療が発覚
  • 医師免許のない理事長が診察を行い健康な子宮や卵巣を切除
  • 摘発後に被害者同盟が結成され、刑事・民事共に争われた

富士見産婦人科病院事件の概要

「富士見産婦人科病院事件」が発覚したのは、同院で子宮がんを宣告された妊婦がセカンドオピニオンを求めて別の病院で診察を受けたことがきっかけでした。 その妊婦は事なきを得たものの、その時点で多数の女性が診断を信じて健康な子宮や卵巣を摘出されていました。ここでは「富士見産婦人科病院事件」の概要について、詳述します。

1980年に起きた乱診乱療事件

「富士見産婦人科病院事件」とは1980年9月に、産婦人科病院の経営者が起こした乱診乱療事件です。 事件の舞台となった富士見産婦人科病院は、一流ホテルを思わせるような美容室やアスレチック室、ラウンジのある施設が人気でした。そのため埼玉県外からも、多くの患者を集めていたといいます。 しかし所沢市内では事件発覚前から、「富士見産婦人科病院は乱診乱療を行い女性の子宮を食い物にしている」と噂されていたようです。

健康な子宮や卵巣の摘出手術が行われた

富士見産婦人科病院には当時まだ珍しかった、超音波検査装置が設置されていました。その装置を使って超音波検査を行っていたのが、理事長でした。 検査を受けた女性に対し理事長は「あなたの子宮は腐っている」「卵巣が腫れてぐちゃぐちゃだ」などと告げ、摘出手術を勧めました。 しかし「富士見産婦人科病院事件」発覚後の捜査により、その大半が健康な子宮並びに卵巣だったことが判明します。