1分でわかる元農水次官の熊沢英昭による息子の殺害

元農水次官の熊沢英昭の息子殺害事件

  • 元農水次官の熊沢英昭が引きこもりの息子の熊沢英一郎さんを刺殺した
  • 熊沢英一郎さんは家庭内暴力を行っており、熊沢英昭は身の危険を感じていた
  • 熊沢英一郎さんのような中高年の引きこもりは社会的に問題視されている

元農水次官の熊沢英昭による息子の殺害の概要

元農水次官の熊沢英昭(くまざわひであき)被告による、長男の熊沢英一郎さん殺害事件は2019年6月に発生しました。熊沢英昭被告は妻とともに熊沢英一郎さんから家庭内暴力を受けており、被害がエスカレートすることを未然に防ぐために事件を起こしたようです。

熊沢英昭の息子の熊沢英一郎さんは高校まではエリートだった

熊沢英昭被告に殺害された長男の熊沢英一郎さんは、中高一貫のエリート校である私立駒場東邦中学校・高等学校の出身です。駒場東邦中学校・高等学校は東京大学など難関大学の合格者を多数輩出する進学校です。 ところがその駒場東邦中学校・高等学校で、熊沢英一郎さんはひどいいじめに遭っていました。この時、統合失調症にかかり、元々のアスペルガー症候群と併せて苦しい思いをしたとのことです。 熊沢英一郎さんは高校卒業後に、私立大学をいくつか転々として専門学校に通ったそうです。一時は就職もして、10数年前には両親とは別居生活を始めました。

熊沢英一郎さんは引きこもりとなり「ドラクエ」などのゲームに没頭

熊沢英一郎さんはいつごろからか引きこもりがちとなり、やがてゲームに没頭していきました。 特にオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」ではゲーム内でも有名なプレイヤーで、いわゆる廃人と呼ばれるヘビーユーザーでした。 熊沢英一郎さんがゲームにかける月々の金額はかなり多かったようで、2018年5月に明かされたクレジットカードの支払い予定額の約32万円という金額からもそのことが窺えます。