青息吐息の読み方は「あおいきといき」

「青息吐息」はビジネスの場面にとどまらず、いろいろな日常の場面でも使うことができます。しかし言葉は知っていても意味を説明できない方が少なくありません。 以下では、「青息吐息」の具体的な意味や語源に関して解説していきます。「青息吐息」を適切な場面で使えるようにしましょう。

青息吐息の意味は「心身ともに苦しみ困っている時に出るため息、またそのようなため息を吐くような状況」

「青息吐息」には「心身ともに苦しみ困っている時に出るため息、またそのようなため息を吐くような状況」という意味があります。 「青息吐息」の青は「顔が青い」の青と同じく「具合が悪い」と言う意味があります。その「具合が悪そうな息(青息)」を吐くぐらい困惑した状態を表すのです。 相当に苦しんで困惑している状況で用いる言葉なので、多用することはおすすめしません。

青息吐息の語源

「青息」の意味は「苦しくて青ざめて吐く息」です。「ため息」を意味する「大息(おおいき)」が転じたものという解釈もあります。 一方「吐息」には「失望して吐く息」という意味があります。 この「吐息」を「青息」の後ろに付け、同じ意味の言葉を繰り返すことで「苦しさと失望」をより強調しています。つまり「青息吐息」は「『青息』や『吐息』よりも一層苦しくて失望した時に吐く息」となります。

青息吐息(あおいきといき)の類語

「青息吐息」の類語には「虫の息」や「灰心喪気(かいしんそうき)」、「四苦八苦(しくはっく)」があります。それらの類語と「青息吐息」は「苦しい状況」という共通の意味がありますが、ニュアンスに違いがあります。 ここでは「青息吐息」と「虫の息」・「灰心喪気」・「四苦八苦」の違いについて、例文もまじえて具体的に解説していきます。