ハローキティ殺人事件‎の概要

ハローキティ殺人事件とは、1999年に香港で当時23歳の女性が誘拐・監禁後に拷問されて死亡した事件です。女性は誘拐された後、1ヶ月という長い間暴行を受け死亡しました。 この事件は、ハローキティと呼ばれる人形の内部に煮沸した被害者の頭部を詰めたことから残虐性の高さが伺えます。事件の概要について見ていきましょう。

1999年に香港で起きた、妊娠中の女性が誘拐監禁され、拷問の末に死亡した事件

被害者となる女性は当時23歳で妊娠中でした。祖母の医療費を稼ぐため、ナイトクラブで働き加害者となる犯人から、香港ドルを受け取りました。 その香港ドルの返済を求め、妊娠後もナイトクラブで働かされたのですが、返済する力がないことから腹を立て、アパートに監禁されます。その後拷問を受け続け死亡に至ります。

バラバラにされた死体の一部がハローキティ人形の頭に詰められた

1ヶ月に渡り、アパートに監禁し暴行を繰り返した後女性は死亡しました。 犯人は、死亡した女性の遺体を浴槽でバラバラに解体し、袋に分けて個別に処分した他、頭部の処分に困り、ストーブで煮込んだ後ハローキティの頭に詰めるとい残虐な行為を行いました。 事件は2カ月が経過した後発覚し捜査が始まりますが、ハローキティに詰められた遺体の一部は煮沸されていたため、個人の特定が困難な状態でした。