演劇のワークショップ

ワークショップは、アメリカの演劇界からスタートしました。20世紀中ごろに、新しい演劇のスタイルを創造するための試みとして、ワークショップが開かれたのです。 それ以後、世界中で演劇のワークショップが行われるようになりました。演劇のワークショップで行われることが多いのは、「エクササイズ」「シェアリング」「ショー」などのプログラムです。

英語を学ぶワークショップ

近年は、子どもが英語を学ぶ手法として、ワークショップが取り入れられるようになりました。子ども向けの英語のワークショップの場合、歌やダンスなどを取り入れ、英語を話す楽しさを伝えるプログラムが多いようです。 もちろん大人向けのワークショップもあり、ネイティブスピーカーと会話をしながら、体験的に学んでいくのが一般的です。

デザイナー向けのワークショップ

デザイナー志望の学生を対象にした、ワークショップも盛んに行われています。デザイナーと一口にいっても、グラフィックやウェブ、プロダクト、アプリなど対象は様々です。 ですが、課題設定から解決策をラフデザインの作成までを、1日で行う点は共通しているようです。プレゼンを経て、一線で活躍する現役の講師陣からアドバイスを受けられるワークショップもあります。

セミナーを行うワークショップ

ワークショップとセミナーは内容が異なるものですが、それを同時に行うケースもあります。まず、講師によるセミナーを行い、ワークショップのために必要なスキルをレクチャーするというものです。 そのうえで、参加者がワークショップを行い、いろいろな意見交換をしたうえで、作業を進めていきます。協働作業があるワークショップが多く、効率よく作業が進むというメリットがあります。