「狼狽」(ろうばい)の要点

  • 意味:「慌てふためくこと」
  • 由来:「酉陽雑俎(ゆうようざっと)」「正字通(せいじつう)」
  • 例文:「事あるごとに狼狽することがないように、予め出来る限りの予測を立てておこう。」
  • 類語:「混乱」「錯乱」「惑乱」
  • 英語:「dismay」「panic」「confusion」「consternation」「flurry」

狼狽とは

狼狽とは

狼狽とは(画像:Unsplash

「狼狽」という言葉の正しい読み方や意味を理解できていますか。この言葉は頻繁に使う言葉ではありませんが、時々耳にする言葉なので正しい意味を知っておく必要があります。 この記事では、「狼狽」の類義語・英語表現・言葉の由来などを紹介していきます。まずこの見出しで読み方と正しい意味を理解しましょう。

狼狽の読みは(ろうばい)

「狼狽」の読み方は「ろうばい」です。それぞれの漢字の読み方は、「狼」は音読みで「ロウ」、訓読みで「おおかみ」です。一方、「狽」は音読みでは「バイ」と読み、訓読みの読み方はありません。 つまり、「狼狽」とはそれぞれの漢字の音読みを合わせた読み方です。「狽」は日常生活で使わない漢字なので、読み方をしっかりと覚えておきましょう。

狼狽の意味は「慌てふためくこと」

「狼狽」の意味は「慌てふためくこと」です。それぞれの漢字の意味は「狼」は動物の「おおかみ」や「あわてる」「うろたえる」という意味です。そして「狽」は狼の一種の架空の生き物のことです。 つまり、「狼狽」は「狼」の「あわてる」という意味が、そのまま「狼狽」という熟語の意味になっています。特殊な意味の漢字なのでしっかりと覚えておく必要があります。