金与正が爆破を予告していた北朝鮮

南北共同連絡事務所は6月5日、朝鮮労働党統一戦線部(北朝鮮の情報機関)の報道官は韓国側の対応を批判した上で、南北共同連絡事務所の閉鎖を一方的に発表しました。 統一戦線部の談話によると、継続的に行われる脱北団体の政治的メッセージを含むビラまき行為に対して、韓国側の対応が悪かったことが原因だとしています。 南北共同連絡事務所の閉鎖は、金正恩委員長の妹である金与正(キムヨジョン)第1副部長が指示した模様です。

爆破の様子を国営テレビで放送

北朝鮮国営放送の朝鮮中央テレビは17日午後3時の放送で、南北共同連絡事務所が爆破された際の映像を公開しました。映像は全部で30秒ほどであり、地上4階建ての建物が跡形もなく爆破されていました。 朝鮮中央テレビは爆破映像とともに、北朝鮮が今後も同様の強硬措置を取っていくことも報じています。北朝鮮軍総参謀部報道官は前後して、軍事境界線の非武装地帯への監視所の再建と軍の配備を発表しました。 北朝鮮側は2019年3月に南北共同連絡事務所から主要な職員を引き上げており、平和協議の窓口としてはほぼ機能していませんでした。

韓国との関係を悪化させる北朝鮮

北朝鮮は2018年の板門店宣言をはじめとして、韓国と歩み寄って南北統一に向けた平和姿勢を見せてきました。連絡事務所爆破や軍の再配備など、あえて韓国との関係を悪化させる行動にはなんらかの軍事的政治的狙いがあると見られています。