「acknowledge」とは

「acknowledge」は、日本語で「知識」という意味の「knowledge」という言葉と非常に関係が深い英単語です。 この記事では「acknowledge」という単語の使い方や例文なども紹介しますが、まずは正しい読み方と語源、基本的な意味を押さえておきましょう。

「acknowledge」の発音は「アクナレッジ」

「acknowledge(əknάlɪdʒ)」は「アクナレッジ」と発音します。音節は「ac-knowl-edge」と3つに分かれ、アクセントは第2音節の「knowl」に付きます。 発音の際のポイントは第2音節の発音です。「know(知っている)」という単語のイメージから「アクノウレッジ」と発音しがちですが、「アクナレッジ」の方がネイティブスピーカーに近くなります。

「acknowledge」の意味は「認める」

「acknowledge」の意味は「認める」という意味が基本になりますが、厳密には「〜という事実を認める」と言ったニュアンスが含まれています。 その他に「事実を認めたことや認識したことを人に伝える」という意味もあり、「acknowledge A with B」という使い方で「A(を確認したこと)をB(という手段で)通知する」という使い方もできます。 基本は「ある物事を認識する」という意味がベースになっています。

「acknowledge」の語源

「acknowledge」は意味で分けると「ac-know-ledge」と3つに分けられます。それぞれの意味は「ac(〜の方へ向かって)」「know(〜を知る)」「ledge(動詞を名詞化する時に使い、元の動詞の意味を強調する)」です。 「acknowledge」の元となる動詞は「know」なので、目の前の状況に向かって「知る」という行為が強く意識され、「〜を認める」という訳なります。