下地幹郎衆議院議員が500ドットコムから100万円を受領したことを認めた

下地幹郎衆議院議員が500ドットコムから贈賄を受けていた事件

  • 「500ドットコム」からの収賄容疑で秋元司衆議院議が逮捕された
  • 同じく収賄容疑のあった下地幹郎衆議院議員が受領の事実を認めた
  • 統合型リゾート施設に関わる多数の議員が金銭受領していた可能性がある

下地幹郎の収賄

下地幹郎衆議院議員は、統合型リゾート施設に関する汚職で中国企業「500ドットコム」から100万円を受け取っていた疑いがありました。下地幹郎衆議院議員は2020年1月に記者会見で疑惑について認めました。

500ドットコムの顧問だった紺野昌彦から100万円を受領

中国企業「500ドットコム」は、日本で開発が進んでいる統合型リゾート施設に参入を目指している企業です。 下地幹郎衆議院議員には「500ドットコム」の元顧問である紺野昌彦容疑者から、3年前に選挙資金100万円を受け取っていた疑いが持たれていました。 下地幹郎衆議院議員は6日に那覇市で開かれた記者会見にて、100万円受領していたことを認め、1月7日付で日本維新の会に離党届を提出しました。下地幹郎衆議院議員は、秋元司衆議院議員の逮捕がきっかけで贈賄の発覚した5人の衆議院議員の1人でした。

領収書を切らず政治資金収支報告書にも記載なし

下地幹郎衆議院議員は2020年1月6日の記者会見で、「500ドットコム」から100万円を受領したことを認めました。 その会見によると、下地幹郎衆議院議員は2017年の衆院選直前の10月15日に、那覇市の選挙事務所で紺野昌彦容疑者から封筒入り現金100万円を受け取ったとのことです。 下地幹郎衆議院議員は「500ドットコム」からの企業献金ではなく、紺野昌彦容疑者の個人献金という風に認識していました。また100万円の領収書は紺野昌彦容疑者が固辞したことから作成せず、政治資金収支報告書にも記載しなかったようです。