ビジネスで頻出のセグメントの意味や使い方など解説します!

ビジネス用語

2019年3月16日

セグメントとい言葉を耳にしたことはありますか。セグメントとはビジネスの中でもマーケティングで使われる言葉です。マーケティング分野におけるセグメントの意味をしっかりと理解して、ビジネスに役立てましょう。本記事ではセグメントの使い方を細かく分けて解説いたします。

セグメントとは

マーケティングにおいて、セグメントという言葉をよく聞いたり見たりします。セグメントは普通名詞としても使われますが、マーケティングやIT・医療の分野で専門用語として定着しています。 セグメントの意味や由来となる英語表現について見てみましょう。

セグメントの意味は「分割されたもの」

セグメントの意味は「区切り」、「部分」で、「分割されたものの一部」という使われ方をします。 セグメントは主にマーケティング用語として使われますが、普通名詞としても使われます。「ワンセグ」は「1セグメント」の略で、13に分割された地上デジタルチャンネルの一部領域(セグメント)を携帯電話のテレビ放送向けに割り振ったものなのです。 専門用語としてはIT用語や医療用語としての使い方もあります。

セグメントは英語の「segment」に由来

セグメントは和製英語で、英語のつづりは「segment」です。英語では以下のような使われ方をします。 ・a segment of an apple(りんご一切れ) ・a segment of that roadway (その道路の一部) 「segment」の類語としてはpart、section、sectorなどがあり、これらも和製英語としてビジネスシーンで普通に使われています。

マーケティングでのセグメントの使い方と例文

生活水準が上がることによる価値観の多様化は避けられない現実であり、顧客の多様なニーズに沿ったマーケティングを展開するためには、顧客のセグメント化は最も重要なマーケティング戦術の一つです。 マーケティング分野におけるセグメントに関わる幾つかの用語の使い方を、例文とともに以下で解説します。

ネットワークセグメント

ネットワークセグメントは同じファイルや信号を共有できるネットワークの最小単位を指し、主にIT用語として使われますが、マーケティング分野でも以下のように援用されています。 ・ネットワークセグメント間で顧客情報と新製品情報の共有が不十分ではないか。 マーケティング分野においても様々なネットワークが存在しますが、ネットワークの分割された小グループに対してネットワークセグメントという言い方をします。

セグメントルーティング

セグメントルーティングもIT用語で、ネットワーク内で情報伝達を効率化する仕組みのことを指しますが、マーケティング分野においても以下のような使われ方をします。 ・セグメントルーティングが効果的に機能したので、顧客からの苦情処理が的確に処理された。 マーケティングにおいては、営業チーム、開発チーム、製造チーム、法務チームなどのセグメント間で的確な情報の交通整理(ルーティング)が極めて重要です。

セグメント マーケティング

セグメントマーケティングとは顧客を層別化して各層に応じたマーケティングを展開することで、以下のような使われ方をします。 ・セグメントマーケティングによって今期の売り上げは前年の10%増を達成した。 顧客の属性は、居住場所、年齢、性別、行動パターンなど様々です。マーケティングの効果を最大化するためにセグメント化は必須なのです。かつての画一的なマスマーケティングは既に過去のものとなっています。

セグメント配信

セグメント配信は層別した対象毎に異なる内容のメルマガなどを配信することで、メルマガの開封率がセグメント配信が一斉配信の3倍近いという調査結果があります。 以下のような使われ方をします。 ・今月からメールによる我が社の製品情報提供は、上客とそれ以外に分けてセグメント配信することにしよう。 受信者の高い反応を獲得するためにはセグメント配信は非常に重要なマーケティング手法の一つとなっています。

まとめ

今やマーケティングはセグメント化抜きには語れません。全方位型の画一的なマスマーケティングでは成果が得られなくなっているのです。戦略的なセグメントマーケティングによってセールスの負担を大幅に軽くできます。 ターゲットの対象をセグメント化によって明確にして会社のリソースを有効に使いましょう。


関連記事