クライアントとは

クライアント

クライアント(画像:Unsplash

クライアントとは簡単にいうと「顧客」という意味ですが、「専門的な職業の長期契約者」と捉えるとより厳密な意味に近くなります。 辞書的な意味と実際に使われる際の「クライアント」の意味はやや異なりますので、ここで違いをしっかり確認して下さい。

クライアントのビジネスでの意味は「顧客」

クライアントの最も平易な訳は「顧客」ですが、実際に「クライアント」と言われるイメージに近い定義は「専門的な職業の長期的なお客様」です。 お客様のことを「クライアント」という職業には経営・広告・人材採用コンサルティングや社労士・弁護士・会計士・税理士など専門的な職能が必要な仕事の場合が多いです。 どの職業も自社が持つ専門的なスキルによってお客様のの課題を解決するために長期間の契約が必要な職業であり、そうした職業のお客様のことを「クライアント」と言います。

クライアントは英語の「client」に由来する

「クライアントは」英語の「client」の日本語訳で、「client」は辞書的な意味では「依頼人、顧客、お客様」と訳されます。 ただし、英語圏で「client」という場合も日本語と同様に「専門的な職業の長期契約者」というニュアンスで使用し、辞書的な意味の「顧客、お客様」には別の単語が使われます。 また、国内外問わず長期的な契約状態になるお客様のことを「クライアント」と呼びますが、外国の発音に合わせて「クライエント」と言ったり、やや古い言い方で「クランケ」ということもあります。

クライアントの類語と対義語

類義語

類義語(画像:Unsplash

その場の売買取引かビジネスパートナーといえる長期的な契約関係かで「お客様」の呼び方が変わります。 言葉の意味合いや、「クライアント」の対義語と考えられる単語についてもここで確認していきます。