ハロー効果とは

定義

定義(画像:Unsplash

「ハロー効果」にかかると目の前の状況や人を正確に判断できなくなってしまいますが、ビジネスシーンでも人事考課・採用面接・経営判断などあらゆるところでこの効果が起きる可能性があります。 まずはここで「ハロー効果」という言葉の正しい意味からどんな現象を言うのかを確認してきましょう。

ハロー効果の意味は「ある物事に良い/悪い印象を受けると,他の特徴も実際より高く/低く評価すること」

「ハロー効果」とは「ある物事で良い・悪い印象を受けると、他の特徴もそれにつられて実際以上に高く・低く評価してしまう心理現象」です。 例えば第一印象が良ければ悪い事をしても「あの人がそんな事するはずがない」と思われ、印象が悪い人が良いことをしても「本当にそんな事するかな?」と疑われます。 つまり「ハロー効果」に陥ると人や物事を過大評価・過小評価することにつながってしまいます。

ハロー効果の由来はエドワード・ソーンダイクの論文

ハロー効果とは1920年にエドワード・ソーンダイクが発表した論文で初めて使われた言葉です。 ハロー効果のハローは英語で挨拶する時の「hallo」ではなく、イエス・キリストの肖像画などに書かれる「後光、光輪(halo)」のことを指します。そのため別名「後光効果」「光背効果」とも言います。 つまり実際のある人の行動が「後光(=その人の印象)」によって影響を受けてしまい、本当は良い事・悪い事が過大評価・過小評価されてしまうようになるのです。

ハロー効果は社会心理学の用語

ハロー効果は本来社会心理学で使われる用語です。 社会心理学には「認知バイアス」というものがあります。これは「人が何かを判断する時に個人の常識や周囲の状況にその判断が依存してしまうこと」でハロー効果もその一種と考えることが出来ます。 これはハロー効果によってある人の良い面・悪い面が強く意識されるようになると、直感・先入観・思い込みによって物事を判断するようになるということです。