風俗嬢は業務委託がほとんど

風俗嬢は個人事業主として、業務委託として契約していることがほとんどです。業務委託は個人売上が好調な時は稼げますが、一転売上が減少すると収入も減少します。 そしてコロナの影響で、出勤できない、指名が取れない風俗嬢が急増しています。 客足が遠のけばもちろんお店は打撃を受けますが、業務委託である風俗嬢も同等に打撃を受けているわけです。

失業保険は出ず転職も難しい

正社員やアルバイト・パートであれば、コロナの影響で解雇されても、雇用保険に加入しており、一定の条件を満たしていれば失業保険が出ます。 しかし、業務委託である風俗嬢は雇用保険の加入がなく、失業保険を受けることができません。 そのため、転職活動中には収入がゼロになり、転職も難しい状況です。

風俗嬢は生活が困窮しているケースが多い

シングルマザーや親の介護などで、仕方なく風俗嬢になったという人が多いです。 風俗嬢は一定の人気が出れば、短い勤務時間で稼ぐことができます。そのため、育児や介護で長時間の勤務が難しい人でも、風俗嬢で生活を維持できていました。 しかし、コロナの影響で生活困窮しているケースが非常に多くなっています。生活が立ち行かず風俗嬢になった経緯を考えれば、生活困窮を避けられないのは明白だといえます。

風俗店で働く人々が休職保証の対象外に

新型コロナウイルスの影響による休校で、休職を余儀なくされた保護者に対し事業者に対し補助金、フリーランスに対しては政府から直接補助金が支払われる制度が実施されることとなりました。 しかし厚生労働省は反社会的勢力や風俗店に勤務する人々や接待を伴うキャバクラなどの飲食店に勤務する人々を制度の対象外とすることを明らかにしました。 この政府の取り決めに対して国民から批判の声が殺到しています。