年収700万円で子供が幼稚園に通っている場合の養育費

子供が幼稚園に通う場合、幼稚園に支払う料金は保育園に支払う料金とは多少の差が出てきます。 ここでは年収700万円の人の子供が幼稚園に通っている場合、どれくらいの授業料や諸費用を支払わなければいけないのかについて詳しく解説していきます。

授業料

幼稚園は保育園の保育料と異なって、授業料が一律で決まっているので、親の年収で変わることはありません。しかし公立と私立では授業料が子供1人当たりそれぞれ年間約20万円と約50万円と大きな差があります。 また自治体によっては補助金制度を利用できることもあります。ただし、親の年収が700万円である場合、所得制限によって補助金を利用できない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

その他費用

子供を幼稚園に通わせる場合、保育園と同じく入園料、施設維持代、冷暖房費、給食費、制服代、バス代、PTA会費などさまざまな費用を支払わなければいけません。 幼稚園によってその他費用の金額はまちまちですが、私立・公立の違いや地域の特性などの条件で異なってきます。たとえば私立であれば教材を公立より多く買う必要があるかもしれません。また寒冷な地域であれば冷暖房費が割高になるので、それらの点も考慮して通うべき幼稚園を選びましょう。

年収700万円で子供が中学校に通っている場合の養育費

子供が中学校に通うようになれば、子供が成長している分、幼稚園や保育園に通っている場合と支払う金額にも差が生じてきます。 ここでは年収700万円の人の子供が中学校に通う場合、どれくらいの授業料や諸費用を支払うことになるのかについて詳しく解説していきます。