名古屋大学女子学生殺人事件の概要

2014年に愛知県名古屋市で発生した、女子大生による殺人事件です。当時19歳だった女子大生が、知人の77歳女性を自宅に招いて犯行に及びました。女子大生は約2ヶ月後に逮捕されています。

名古屋大学の女子大生が女性を殺害

事件が起きたのは2014年の12月7日です。名古屋大学に在籍する19歳の女子大生が、知人女性を自宅に呼び出した上で殺害しました。あらかじめ用意していた斧で数回切りつけ、最終的にマフラーで首を絞めたそうです。 女子大生は事件を起こした翌日、実家のある宮城県仙台に帰り、遺体を1ヶ月以上放置しました。 また実験記録と称して、事件直後に知人女性の遺体を風呂場で写真撮影していたとのことです。

宗教団体の勧誘で自宅に招き犯行に及んだ

事件を捜査した愛知県警の発表によると、女子大生と知人女性は2014年の秋頃に、宗教団体の勧誘を通じて知り合ったようです。 知人女性は非常に熱心な信者で、女子大生のアパートでも勧誘する姿が何度も目撃されていました。 事件当日の12月7日は、この宗教団体の集会のあった日で、女子大生と知人女性は揃って参加しています。集会が終わった後、女子大生は聞きたいことがあるなどと言って知人女性を誘い出し、自宅で犯行を行いました。