1分でわかる十割山熊襲撃事件

1分でわかる十割山熊襲撃事件

  • 2016年の5~6月に十和利山山麓で熊による獣害事件が発生
  • ツキノワグマに襲われて4名が死亡、3名が重傷を負う
  • 2016年6月10日に人間を襲ったツキノワグマを射殺

2016年の5月から6月にかけて、秋田県鹿角市で熊による獣害事件が起こりました。獣害事件としては戦後最悪の被害だったことに加え、人間を積極的に襲うことはないと言われていたツキノワグマによる殺傷事件だったことも注目を集める要因でした。 今回は注意喚起されていたものの避けられなかった、「十和利山熊襲撃事件」について解説します。

2016年5~6月に秋田県で発生した一連の熊襲撃事件

「十和利山熊襲撃事件」は2016年5月から6月にかけて、秋田県鹿角市十和田大湯にある十和利山の裾野で発生しました。熊取平と田代平の間は牧場地帯となっており、タケノコや山菜を採るために訪れる人が多い場所でした。 2016年5月20日にタケノコを採集していた79歳の男性が行方不明となり、翌日遺体で発見されたことが始まりです。同年6月10日に加害熊が射殺されるまで、何度も人間が襲われました。

4人が死亡、4人が重軽傷を負った

最初の事件は2016年5月下旬でした。79歳の男性が死亡しているのが発見されます。その日、タケノコを採りにきていた60代の夫婦もツキノワグマに襲われケガをしましたが、夫が熊の頭を殴り、追い払うことに成功していました。 2日後70代の夫婦が同じ場所で襲われました。夫は死亡しましたが、妻は無事でした。その後、78歳の女性が熊に襲われ重傷を負い、その翌日には行方がわからなくなっていた65歳の男性の遺体が発見されています。 翌月6月には、3日前から行方不明の74歳の女性が遺体となって見つかりました。合計4人がツキノワグマの犠牲者となり、4人が怪我を負うこととなりました。