全日空機雫石衝突事故の概要

1971年に日本で発生した航空機同士の衝突事故で、日本航空事故史上最悪の事故と言われこともあります。岩手県上空を飛行中だった全日空の旅客機と、自衛隊戦闘機がぶつかって両者とも墜落しました。旅客機の乗員乗客は全員死亡し、空中分解を起こした旅客機の破片で二次被害も発生しました。

旅客機と自衛隊戦闘機が空中で衝突

事故が発生したのは1971年7月30日です。午後1時25分に千歳空港を出発した全日空58便は、羽田空港に向かって南下し、午後2時前後には岩手県上空に差し掛かっていました。 ほぼ同時刻、静岡県の航空自衛隊第1航空団の戦闘機2機が、訓練飛行のためにやはり岩手県を飛行していました。 そして午後2時2分39秒、58便と戦闘機のうち1機が岩手山の上空8500mで空中衝突してしまいます。訓練教官の乗る機体は58便を回避しましたが、事故にあった戦闘機は回避運動が遅れてしまい、58便の進路に割って入る形で追突されたのです。

旅客機の乗員乗客は全員死亡

航空機同士の衝突によって、58便も戦闘機も操縦不能に陥りました。58便のパイロットは立て直そうとしたようですが、衝突のショックで機体に不備が発生しており、すでに舵が利かない状態になっていました。 58便はバランスを崩したまま墜落し続け、音速(時速約1230km)を超えたスピードに耐えきれず、上空4600mで空中分解を起こします。この時点で旅客機の乗員7名、乗客155名、合計162名は死亡したものと見られています。 なお戦闘機側も安全装置が故障したものの、操縦席の風防が破損していたため、乗員は脱出に成功しました。数km南の田んぼにパラシュートで落下して、生還しています。