安田純平の経歴と生い立ち

(画像:Unsplash

安田純平は、信濃毎日新聞社を経てフリージャーナリストになります。プロの記者としての仕事のレベルがとても高いと評価されています。撮影・取材、執筆、多数の外国語を話すことができ、ジャーナリストとしても世界に通用する実力の持ち主だとも言われています。 安田純平は2015年にシリア内戦のに取材に行き、武装勢力組織に長期間拘束されてしまいます。自分の身の安全の保障なく命を懸けて仕事に取り組んでいます。 新聞社を退社してフリーライターになり、命を懸けて取材を続ける安田純平は、何を伝えたかったのでしょうか。

信濃毎日新聞社を経てフリージャーナリストとなった

安田純平は信濃毎日新聞社に入社後、市町村の行政経済など一般市民の暮らし、北アルプスのし尿処理問題、信州大学、脳死肝移植などを担当します。信濃毎日新聞社時代にイラク戦争を現場で取材をしたいと希望していました。 しかし会社側が認めなかったので、休暇を取ってアフガニスタンやイラクを取材していました。その後会社の方針と安田純平の方針の違いにより、2003年1月に信濃毎日新聞社を退職して、フリージャーナリストになりました。

シリア以外の戦地を取材し拘束されたことも

安田純平は、シリア以外の戦地を取材して拘束された事があります。拘束されて解放されずに亡くなる方も多い戦場ジャーナリストとは、まさに命がけの仕事です。安田純平は2003年にフリージャーナリストになり、イラクの取材を開始しました。 そこで2003年の春にイラクで武装勢力組織に拘束されてしまいました。その後解放されるも2004年にもバクダットで武装勢力に拘束されました。 そして大きく話題になった2015年にはシリアでテロ組織に人質として拘束されました。