架電とは

(画像:pixabay

「架電」とは主にビジネスシーンで使う「電話をかける」という意味です。 「電話」という言葉は多義的で、「かける」場合も「受ける」場合も含み、「電話機」や「電話という手段」まで表しますが、「架電」は「かける」場合だけを指します。 まずは読み方のルーツや詳しい意味をみていきましょう。

架電の読み方は「かでん」

架電は「かでん」と読みます。架電の「架」はあまり見慣れない漢字かもしれませんが、「加」というおなじみの漢字が含まれていますから、読み方を覚えるのは簡単です。 「架」の訓読みは「かける」です。「架電=電話を架ける」と考えればしっくりきますが、「電話をかける」の「かける」は「掛ける」と書くのが普通です。「目覚まし時計を掛ける」などと同じように、「電話という仕組みを動かす」という意味で「掛ける」を用いるのです。「架ける」のほうは、「橋を架ける」のように、物を「かけ渡す」ことです。 実を言えば、「架電」という単語は変則的で、国語辞典にも載っていないのです。

架電の意味は「ビジネスでの電話」

「架電」はもともと電話業界や法曹界でしか使われない特殊な言葉でした。語源については諸説あります。この言葉が使われだした時代には「電線を架け渡して遠いところに声をつなぐ」というイメージが生々しく感じられたのかもしれません。今では電話といえば機械を通して声が「ワープ」するような感じがしますし、携帯電話が当たり前になっています。 その後「架電」という言葉はビジネス用語として改めて広まることになりました。簡潔で使いやすく、「受電(電話を受けること)」などと区別しやすいので、迅速な対応が求められるビジネスシーンに合っていたのでしょう。 ただし、「架電」には同音異義語が複数あり、口頭では聞き分けにくいという問題があります。したがって主に文書やメールで使われます。

架電の英語、類語、反対語

(画像:pixabay

「架電」の意味と読み方は理解いただけたと思います。 次に、関連語を見ていきましょう。