当時流行していたゲームの「グランブルーファンタジー」

スマホゲームが普及し始めて数年が経過し、さまざまなヒット作品が輩出されてきました。中でも2015年から2016年にかけて社会現象を起こしたのが「グランブルーファンタジー」です。 ストーリーの秀逸さに加えてキャラの個性、人気声優の起用など、RPGゲームの金字塔を打ち立てたといえるでしょう。 その一方でスマホゲームにまつわる課金問題を世に知らしめたゲームともいえます。つまり良きにつけ悪しきにつけ世間の注目を集めたのが「グランブルーファンタジー」です。

「アンチラ」の出現確率に疑惑

いわゆる「ガチャ」と呼ばれる課金システムが問題視されるきっかけになったのが「グランブルーファンタジー」です。 「ガチャ」とはゲームに有利なレアキャラを獲得するくじのことをいいます。誰もが子供の頃に遊んだ「ガチャ」のスマホバージョンだと思えば良いでしょう。一般的に相当なレアキャラでも1.0%程度です。 「グランブルーファンタジー」でいえば「アンチラ」がレアキャラに当たります。「アンチラ」も1.0%程度といわれていましたが、当たらないことが話題を呼ぶようになりました。