新型コロナウイルスの関連倒産か

現在アメリカでは、首都ワシントンD.C.をはじめ、複数の州で外出禁止令が出されています。そうした状況下、経済活動は低迷しており、ディーン&デル―カもその煽りを受けました。 コロナの影響前に多額の負債を抱えていましたが、経済活動の低迷によって資金繰りが困難になり、倒産したと見られています。

負債額は約5億ドル

3月31日破産申告時点での負債額は、約5億ドル(約540億円)に上ります。 インターネット通販の台頭やディスカウントショップの業績拡大を受け、債務超過に陥っていました。2018年の3月決算では、営業損失が持続的であることを認めていることを公表しています。 そして、債権者が事業の継続性について警戒を強めていた最中の破産申請でした。