「何卒ご理解」の意味は「何かに対する了承を乞う」

「何卒ご理解」とは「何かに対する了承を乞う」時に使われます。「何卒」は「なにとぞ」と読み、「どうか」「どうにか」という意味を丁寧に強める時に使える言葉です。 ビジネスシーンでは「何卒ご理解」がメールの文面でよく見られ、予定変更をお願いする時や以前話していた内容と異なる要求をする時などに使います。

「何卒ご理解」の豊富な言い回しと例文

次は、「何卒ご理解」を含んだ様々な言い回しについて説明します。 この見出しではビジネスの中の5つのシーンを想定して、「何卒ご理解」を使った表現を紹介します。例文と合わせて説明していますので、使い方や意味の理解を深めるためにぜひ参考にしてみて下さい。

「何卒ご理解 ご協力」の例文

まず1つ目の言い回しは「何卒ご理解ご協力」です。これはこちらからの要求を理解してもらい、それに協力してもらいたい時に使います。 ・工事による車線規制について、何卒ご理解ご協力頂きますようお願い申し上げます。 例文の場合は、これから始まる工事に伴って行われる車道の車線規制に対する理解と、規制された車線で行われる交通整理や迂回による渋滞緩和への協力を要請していることが読み取れます。

「何卒ご理解賜ります」の例文

「何卒ご理解賜ります」はこちらからの要求や提案への理解を乞う時に使う表現ですが、「ご理解いただきます」よりも更にかしこまった表現になります。 ・弊社料金プランの変更について、何卒ご理解賜ります。 例文の場合は自社の都合でサービスの料金プランを変更しており、顧客に迷惑がかかる事を考慮して「何卒ご理解賜ります」という改まった表現を使用しています。