愛知豊明一家4人殺人放火事件の概要

2004年に発生した愛知豊明一家4人殺人放火事件は、現在も未解決の事件です。事件発生時には軽乗用車の目撃情報がありましたが、不明な点が多く犯人は分かっていません。しかし未解決事件が解決する可能性は十分にあります。 当時45歳の加藤博人さん宅で火災が発生し、焼け跡から4人の遺体が発見されました。加藤博人さんは不在だったため助かりましたが、妻と子どもが犠牲となりました。

2004年に愛知県で発生した殺人放火事件

事件で犠牲になったのは当時45歳だった加藤博人さんの妻、利代さん(38歳)と子どもの佑基さん(15歳)・里奈さん(13歳)・正悟さん(9歳)です。利代さんと里奈さんは刃物で刺され、佑基さんと正悟さんは鈍器で殴られた形跡があり、就寝中に襲われたとみられています。 遺体の肺からは微量のすすが検出されていて、一家を襲撃した後すぐに放火されたことが明らかになりました。

一家4名が殺されるも犯人不明の未解決事件

一家4名が殺害される凄惨な事件ですが、現在も犯人は捕まっていません。現場から放火に使われた灯油や凶器は発見されておらず、犯人は入念に準備をしたうえで加藤博人さん宅を訪れたことが分かります。 しかし自宅には通帳やカード類が残されていることから、強盗目的の犯行ではないとされています。犯行の目的や侵入経路など、わかっていないことも多くあります。