恐悦至極(きょうえつしごく)の読み方と意味

あなたは「恐悦至極」という四字熟語の読み方や意味を知っていますか。この四字熟語は現代社会ではなかなか使われることがありませんが、使えるとボキャブラリーの幅も増えますし、意味は簡単なので覚えておくと良いです。 この見出しでは「恐悦至極」の読み方や意味を紹介していきます。

恐悦至極の読み方は「きょうえつしごく」

「恐悦至極」の読み方は「きょうえつしごく」です。それぞれの漢字の読み方は「恐」は「キョウ」「おそれる」、「悦」は「エツ」「よろこぶ」、「至」は「シ」「いたる」、「極」は「ゴク」「キョク」「きわまる」という意味です。 つまり、「恐悦至極」はそれぞれの漢字の音読みを合わせた読み方になっているので、特殊な読み方をするような難しい四字熟語ではありません。

恐悦至極の意味は「相手に敬意を払い、とても喜ぶこと」

「恐悦至極」の意味は、「相手に敬意を払い、とても喜ぶこと」です。この四字熟語は「恐悦」と「至極」に分けると意味が理解しやすくなります。 「恐悦」とは「相手からの施しなどに敬意を評して喜ぶこと」という意味で、「至極」は「この上ないこと」という意味です。つまり、「敬意を評した相手への喜びが、この上ないこと」という意味です。「恐悦」という状況が「至極」という状況になると覚えれば、分かりやすいです。

恐悦至極(きょうえつしごく)の使い方と例文

「恐悦至極」の意味は、「相手に敬意を払い、とても喜ぶこと」という意味でした。 次の見出しでは「恐悦至極」という四字熟語の使い方や例文を解説していきます。「相手に敬意を払い、とても喜ぶこと」という意味が通るかどうかを確認しながら例文を読んでみてください。