八甲田雪中行軍遭難事件‎の概要

八甲田雪中行軍遭難事件はロシアとの戦争に向けて明治時代に行われた雪山の軍事訓練での遭難事件です。 訓練参加者が200名以上いたにもかかわらず雪深い八甲田で遭難してしまい、生還できたのはわずかに11名のみでした。世界的にみてもめったにないほどの大規模かつ悲惨な山岳遭難事件です。

1902年に八甲田山での雪中行軍中に起きた遭難事件

この事件は1902年に八甲田山での雪中行軍中に起きた遭難です。当時清国と戦争中であった日本は寒冷地での活動に苦戦していました。 近く始まるであろうとされていた対ロシア戦では、さらなる厳寒地での激戦が予想されていました。そのために厳しい寒さの中でも軍事行動に支障が出ないための訓練が必要とされました。 訓練当日青森から210名、弘前から38名がそれぞれ異なるルートで行軍を開始しました。2つの部隊間に情報の共有はありませんでした。

訓練参加者210人のうち生存者は11人

訓練参加者210人のうち生存者はたったの11人のみでした。救出には1万人近くが動員されましたが多くの命は救うことがかないませんでした。 実際救助隊に救出された人は17名いましたが、そのうちの6名は残念ながら救出後すぐに亡くなっています。 生還を果たした11名についてもほとんどの人がひどい凍傷のために手も足も失うこととなりました。軽症の人であっても凍傷がないわけではなく指や足などを切断しています。