12月1日から「ながら運転」の規制強化

12月1日から「ながら運転」の規制強化

  • 「ながら運転」規制強化が2019年12月1日より施行
  • 「ながら運転」による事故は10年前から2倍に増加
  • 反則金は約3倍になり、違反点数で即免停もありえる

【関連記事】交通違反、悪質な運転に関する事故について

反則金は普通車で1万8000円に

運転中の携帯電話使用に関する罰則は、「反則金」「違反点数」「罰則(刑事罰)」の大きく3つに分けられます。反則金の改正については以下の通りです。

改正前改正後
原付5,000円12,000円
二輪車6,000円15,000円
普通車6,000円18,000円
大型車7,000円25,000円

自動車運転中に携帯電話を注視したり通話をしたりする違反「携帯電話使用等(保持)」に関する違反は約3倍まで引き上げられました。 携帯電話の使用によって交通事故を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」については、刑事罰の対象となりました。これまでは「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金」だったものが、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に厳罰化されています。

違反点数も引き上げで一発免停も

また違反点数についても改正されています。


改正前改正後
保持1点3点
交通の危険2点6点

運転中の携帯電話の注視や通話による違反「携帯電話使用等(保持)」の違反点数は3点に、携帯電話の使用によって交通事故を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」は6点に改正されます。 違反点数が累積で6点を超えると30日間の免停処分となります。保持の違反であれば2回で、交通の危険を生じさせると一発で免停です。非常に厳しい処分へと改正されています。

背景にはながら運転が要因の事故件数の増加

今回厳罰化に至った背景には、スマートフォンの普及に伴う「ながら運転」の事故件数が大幅に増加したことが挙げられます。 警視庁によると平成30年の携帯電話使用による交通事故は2,790件で、10年前の約2倍にまで増加しています。また携帯電話を使用していると、使用していない場合と比較して死亡事故率が約2倍にまで上がるとされています。 また携帯電話等の使用により検挙された件数は全国で約91万件に渡り、交通違反における検挙全体の14%、速度超過・一時不停止についで検挙率は3番目に多くなっています。「ながら運転」で検挙された人がどれだけ多いかがわかります。