I agree

まずは「 I agree」で「賛成です」という意味ですが、これは最も基本的で使用頻度も高い表現です。 ・I agree with everything you say. (あなたの言うことはすべて正しいと思う。) 例文では「agree with」が使われ、「everything you say(あなたの言うこと全て)」に賛成していることになります。仕事の場面に限らずプライベートでもよく使う表現なのでしっかり覚えておきましょう。 また、例文では「agree with」の後ろに「人の意見(あなたの言うこと)」が来ていることも確認しておきましょう。

totally agree

「totally agree」は「全く同感です」という意味で、相手の意見に完全に賛同する場合に使います。 A: We live in difficult times. (生きるのが大変な時代ですね.)   B: I totally agree. (まったく同感です) 例文ではAさんの発言に対してBさんが完全に賛同している様子がうかがえます。こちらも仕事・プライベート問わずあらゆる場面で使えます。プライベートな場面で使う場合の訳は「確かに」も当てはまります。 また、「totally」の部分を言い換えて「completely agree」「absolutely agree」と言うことも出来ます。

「agree」の対義語は「disagree」

disagree

disagree(画像:Unsplash

「agree」の対義語は「disagree」ですが、「disagree with〜」で「〜(の意見)に賛成できない」という意味になります。 ・I disagree with your opinion as there is no basis. (根拠がないのであなたの意見には反対です。) 例文では「disagree with」が使われ、「your opinion」に反対していることになります。この表現も仕事・プライベート問わずさまざまな場面で使うことが出来ます。 また「disagree with」も「agree」と同様に「with」を使っているので、後ろに「人(の意見)」が来ています。

まとめ

まとめ

まとめ(画像:Unsplash

「agree」は非常に使用頻度が高く、ビジネス英会話の中でも最も基本的な英単語の一つです。 そして、使う場面が多い分正しい用法を知らなければ間違った使い方をしてしまう可能性も高いです。前置詞との組み合わせによる意味の使い分けや、多用する慣用表現は意味を理解して正しく使えるようにしましょう。