「agree」の発音と意味

agree

agree(画像:Unsplash

日本人同士のビジネスシーンでも頻繁に使用される「agree」も、正しい意味や使い方を間違えてしまえば恥ずかしい思いをしてしまいます。 ここではビジネス英単語の基礎中の基礎とも言える「agree」の発音や意味を説明します。使い方を間違えないためにも改めて正しい意味を確認しておきましょう。

「agree」の発音は「アグリー」

「agree(əgríː)」は「アグリー」と読み、音節は「a-gree」と2つに分かれ、アクセントは第二音節の「gree」につきます。 また語形は過去形・過去分詞形の時は「agreed」となり、現在分詞の場合は「agreeing」となります。それぞれの発音は「アグリードゥ」「アグリーイング」となります。ビジネス英語では頻繁に使われる単語なので発音も間違えないようにしておきましょう。

「agree」の意味は「賛成する」

「agree」の意味は「賛成する」で、ニュアンスはただ賛同すると言うよりは「快く受け入れる」という感じです。フランクに相手の意見に賛成する時に使います。そのため日本語で改まった場で言う「同意致します」といったニュアンス伝えたい時には「agree」は使いません。 「agree」の2つの音節はそれぞれ「 a(その方向へ)」「gree(喜ぶ)」という意味があり、ここからも相手の意見に「賛同する」という意味がイメージできると思います。

「agree」の正しい使い方

正しい使い方

正しい使い方(画像:Unsplash

ここからは具体的な「agree」の使い方について説明します。 「agree with」「agree to」「agree on」の用法を紹介します。後ろに付く前置詞によって、同じ「同意」でも何に対して同意しているのか意味が変わりますので、正しく使えるように理解を深めておきましょう。