再起は可能か?反省が求められる松木達哉容疑者

島袋光年氏の例から明らかなように今回の事件によって松木達哉容疑者の漫画家としてのキャリアが終わったわけではありません。 しかしながら、松木達哉容疑者が漫画家として復帰をするためには反省の態度を世間に対して示すことで、この事件について世間が気にならなくなるようにしていく必要があります。