「brainstorm」の例文

ここで「brainstorm」を英語で表現する場合、どのような例文になるかをご紹介します。例文は以下の通りです。 ・I sometimes get a brainstorm at midnight. (私は時々、真夜中に良い考えがひらめくことがあります) 上記は「brainstorm」を「突然のひらめき」という名詞で表現した例文になります。次は「brainstorm」を「ブレインストーミングする(動詞)」として使った例文です。 ・Let's brainstorm together. (みんなでブレインストーミングをやりましょう) 英語圏では「brainstorming」という単語はあるものの、「brainstorm」を動詞としてよく使います。

「brainstorm」する際のポイント

(画像:Unsplash

最後に「brainstorm」する際のポイントをみていきましょう。 最高のアウトプットを出すためにはいくつかの「環境を整えること」が必要です。また、「アイデアの否定をしない」ことも大切になります。具体的にご説明します。

環境を整える

「brainstrom」をする際は「環境を整える」ことが必要になります。具体的には「自由に意見を出せる環境」を作ることです。そのためにはリーダーを決め、リーダーが自由に意見を出せる雰囲気を作ることが求められます。 また、「質よりも量を重視する」ことです。「brainstrom」の醍醐味は「数あるアイデアから、良いアイデアを抽出すること」ですので、参加する人はアイデアを出せるほどの経験がある人が望ましいです。

アイデアの否定をしない

「brainstrom」をする上で「アイデアの否定をしない」というのも重要なポイントです。アイデアを否定すると、否定された方は自由な発言ができなくなってしまいます。 またそれが連鎖することで、良いアイデアや結論が出せず意味のないものになってしまいます。これを踏まえて「brainstrom」をすることで、様々なアイデアをたくさん出せるようになります。